過去の総会資料(pdfファイル)

 平成22年度

 平成21年度

 平成20年度

 平成19年度

 平成18年度

 平成17年度

同窓会総会


平成24年度同窓会総会
平成24年度の総会は9月2日に開催され,議題の全てが承認されました。

 また,総会後には,音楽部による演奏が披露されました。


1.議事{議長 会長}

 @  平成23年度 事業報告{会長}

  ア.定期総会 平成23年9月4日(日)袖ヶ浦市民会館研修室 11時から

  イ.部活動支援規程により、新体操部(全日本ジュニア),書道部(全国大会)

    相撲部{柔道部}(関東大会)へ支給。

  ウ.全国大会入賞の横断幕寄贈(新体操部・書道部)

  エ.ホームページの運用

  オ.職員室への冷房装置寄贈(約350万円)

  カ.体育館ステージ袖幕等寄贈(約45万円)


  上記事業報告について承認された。


 A 平成23年度 決算(別紙参照){会計,監事(代理 橋副会長)}


  別紙の決算報告書について会計より説明があり、監事(代理 橋副会長)による監査報告が  あった。また、平成23年度決算について承認された。


 B  平成24年度 事業計画{会長}

  ア.定期総会 平成24年9月2日(日)袖ヶ浦市民会館 2F研修室 11時から

  イ.学校からの要請により施設充実等の支援を検討。

  ウ.部活動支援規程により、関東大会,総体に出場した個人,団体に支援金を支給する。

  エ.ホームページ運用


  上記事業計画について承認された。


 C 平成24年度 予算案(別紙参照){会計}


  別紙予算案について会計より提案され、承認された。また、その中で会計上の処理を簡素化す  るため、母校後援費を同窓会運営費の中に組み込むことも了承された。


 D 運営方針{会長}

   ア.組織作り(各卒回毎に理事を原則1名置くようにする。)

       15期〜19期,21期,22期,24期,26期の理事がいないため、理事になっていただく方

       を選出したい。


  イ.施設充実のための支援

   現役の生徒に対して、学校生活をよりよく行うための施設充実等の援助に同窓会として支援   をしていく。

      (@)関東大会,全国大会出場選手及び団体に対して、規定に従い支援金を支出。

     (A)全国優勝個人及び団体に対して横断幕を作成。(この成績に準ずる場合も作成す

     る。)

      (B)学校側から特別に要望のあった事項について役員会審議し、支援をする。


  上記の運営方針について了承された。また、総会後の懇親会に置いて欠員となっている第15  期生(森川弘美さん)より理事を快諾して頂いた。


 E 役員改選(事務局)

    同窓会会則 第7条より、昨年改選し、任期2年のため本年度は行わない。


 F 同窓会会則の一部変更について


  別紙事務局案の通り、承認された。


 G その他

  (1)吹奏楽部への楽器購入支援について

   役員会で、高橋副会長から提案された吹奏楽部への楽器購入支援について提案される。

     楽器の老朽化と現在の活動状況から支援を考えてはどうかと提案があり、購入品目と支援の   金額については、役員会に一任し、基本積立金より使用することが承認された。





2.報告{事務局}

 @ 40周年記念について(平成28年)

   40周年記念同窓会名簿の発刊のみを行う。平成26年または、平成27年から調査を開始   し、平成28年に発刊する。

   調査は、同窓会委託会社 株式会社 サラト が行う。

  (注意)

   委託会社以外も同窓会に断りなく調査等の郵便物を出す場合がありますので、同窓会委託   会社以外には個人情報流失の可能性が大きいので、回答しないようにお願いします。

  また、返信先は必ず千葉県立袖ヶ浦高等学校となっているものについてだけ、回答してくださ

  い。学校以外に返信先を設定いたしません。


 A 上記の会員名簿について、会員名簿を悪用した振り込め詐欺が本校でも確認されている。そ  のため、役員会で「発刊をしない方が良いのでは?」と言う意見が出ている。


   上記の内容について、事務局より報告された。

  (会員名簿を発刊する方向で考えているが、上記Aの理由により変更の場合もある。)


同窓会会則の一部変更について

現        行
改  正  案
第5条  本会に次の役員を置く。
      会長 1名  副会長 3名  監事 2名
      理事 若干名  会計 3名  書記 3名





第8条  役員の任務は次のとおりとする。
  1.会長は本会を代表して会務を統理し、
      会議の議長となる




第10条  本会の会議は、総会および役員
   会とする。









第14条  本会の議事は出席会員の過半
   数を持って決定し、賛否同数のときは
   がこれを決定する。
第5条  本会に次の役員を置く。
      会長 1名  副会長 3名  監事 2名
      理事 各卒回毎に原則1名以上  
    会計 3名  書記 3名

  * 下線部を変更。


第8条  役員の任務は次のとおりとする。
  1.会長は本会を代表して会務を統理する。

  * 下線部を削除。


第10条  本会の会議は、総会および役員会
          とする。

      ・本会の会議の議長は、会長の指名により
   会議に提案し、会議の承認により選出す
   る。

  * 下線部を追加。


第14条  本会の議事は出席会員の過半数を
   持って決定し、賛否同数のときは会長がこれ
   を決定する。

  * 下線部を変更。



ファイルのダウンロード
平成23年度決算書 

平成24年度予算書